イムノ・コーポレーション株式会社

 
English

調剤薬局事業

旧イムノエイト時代より引き継いだ長年の経験を生かし、保険調剤薬局としての質の高いサービスを実現すべく、日々努力しています。
正しくお薬を飲んでいただくために
「服用している薬の名前」「服用する量」「何に効くのか」「飲み合わせ」「食べ物で注意が必要なもの」「いつから服用してるか」「薬の変更はあったか」「副作用の有無」「他の病院の薬との飲み合わせ」など、薬を飲む上で知っておいたほうが良いことは、けっこうあります。
イムノ・コーポレーションでは、正しくお薬を飲んでいただくために「薬剤情報」と「おくすり手帳」による服薬指導、薬歴管理に力を入れて行なっています。
薬剤情報
今・どの薬品を・どんな効果を期待して・どのくらい(量)・どんな方法で・何に注意して飲むかについて書かれたものです。
「今」については詳しく知ることができますが、経過をみることはできません。
おくすり手帳
これまでの薬剤を通した治療の歴史が記録されます。
きちんと記録することで治療経過、薬の種類・量が正確に医師や薬剤師に伝わるため、いざというときも治療をより早く適切に受けることができます。
東日本大震災の時には、失われたカルテの情報を補うなど、たいへん役に立ちました。
服用していた薬が正しくわかるだけでなく、治療の経過を推測することが出きるため、いち早く患者様が安全な状態にもどることに役立ちました。
現在は、おくすり手帳に記載することに特別の費用はかかりません。
基本の調剤料、管理料の中に含まれています。
安心してご利用いただくために
イムノ・コーポレーションの調剤薬局では、お客さまに安心してご利用いただけるよう、各種保険の説明・取扱いや、ジェネリック医薬品に関する相談・アドバイスを行っています。
各種保険の取り扱い
各種健康保険、任意自動車保険、労災保険、自賠責保険などの保険を取り扱っています。お手続きいただくことで、お薬代金の全額または一部が保険でまかなわれます。
説明が必要な場合は、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。
ジェネリック医薬品の取り扱い
薬には、先発医薬品(新薬)と後発医薬品があります。後発医薬品は、新薬の特許(20年から25年間)が切れた後に、新薬と同じ成分で製造された後発医薬品で、ジェネリック(「一般的な」という意味の英語)と呼ばれています。
どの薬にもジェネリック医薬品があるわけではありませんが、ジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べて安価な傾向にあります。たとえ個人負担(お薬代)は変わらなくても、日本の医療財政の負担を軽減させます。
イムノ・コーポレーションでは、患者さまの希望と医師の後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更可を確認した後、必要なデータを示しながら、安定供給についても検討し、患者様と一緒にお薬を選んでいます。
お薬を飲みやすく
高齢の方や何かの事情で処方されたお薬がうまく飲めない、よく忘れてしまうという方が正しく服用し、治療効果が十分に上げるために、イムノ・コーポレーションでは、患者さま一人ひとりに合った調剤方法を工夫しています。ここでは代表的な「一包化」や「パウダー化」をご紹介します。
一包化
薬の数や飲む回数が複数ある場合など、「飲み忘れ」や「飲み間違い」を防ぐために、飲むタイミングごとに薬をパックすることができます。
下図:一包化のイメージ
パウダー化
錠剤やカプセルなど飲み込むことが大変困難な方は、できるだけ散薬で調剤しますが、散薬がない場合もあります。そんな場合は錠剤をつぶしたり、カプセルを開けてすべて粉薬にすることも可能です。
ただし、吸湿性や腸で溶けるよう工夫されたもの、溶ける速度を調節する工夫がされたもの、他のものと混ぜると変化するものなど粉薬に出来ない場合もありますので、医師や薬剤師に相談してください。
ページトップへ戻る